作者別: obana

第10回~今更ですが・・・ 終 活 と は ?~

人生に方(かた)を付ける。・・・片付けること。
の回りの『もの・こと』の整理
それが、生前整理です。
まだまだ先のこと。
他人事、私には関係ない。
じゃ誰のこと。本当にあなたに関係ないのですか?
10年先、20年先のこと!
必ず、歳を重10歳・20歳、歳を重ねます

体力・気力も衰えてきます。
考えるその時、今以上の体力・気力があるでしょうか?
だからこそ、『いま』なんです。
築き上げた財産や、老後の処し方、生きる方向性。

決めておく重要項目

1.認知症対策・・・自身で決める任意後見人(なってから全く知らない他人に委ねる法定後見人)
2.住まい方(終の棲家)・・・一生、自宅で過ごしたい?(施設にて過ごす?入所手続きはあなたがする契約)
3.葬儀・祀り方・・・宗教宗派・無宗教、一般葬(家族葬)・直葬、墓地、墓石・樹木葬、散骨
4.相続・遺言書・・・相続人の数、財産目録、自筆・公正証書遺言書、死後事務委任(お一人さん)
5.不用品の片付け・・・押入れの奥のモノ、ハンガーにかけっぱなしの服

あるべき方向性を決める。

先送りしている間に!
足元覚束なくゴミ出しが億劫になる。力がなく重いものを持つことができない。
家は足の踏み場もなくなりゴミ袋の山、ゴミ屋敷化。
・・・少しずつ、粗大ゴミにて処分。
また、自分の財産、預貯金・不動産のケジメも付けられないままに!
・・・自身で方向性をつけておく。
これらをあなたが決めておくだけで残されたご親族が助かるのです。
残されたご親族が遺品整理なんて大変な労力を必要とします。
また他人に任せると相当な費用もかかりご負担をおかけします。

~親族に委ねる『遺品整理』? それとも・・・~

終活における、『遺品整理』『生前整理』をどのように捉えておられますか?
いま、引っ越しに関わる費用が高騰しています。特に春先・秋口の異動・転勤の時期は格別ですが、不用品の処分費においても当然跳ね返ってきています。これは運送業界の運転手不足に他なりません。しかし、整理することを先送りすれば済むという問題ではないように思われます。“思いたった時が吉日”と言います。

・・片付けの現場から・・

そこは「ゴミ屋敷」でした。6畳二間、4.5畳大の台所、風呂・トイレなど。家電製品・仏壇などの分別を含め、結局2tトラック3台と軽トラック1台を要する作業になりました。
通常の引越しと違い、賃貸物件の場合 立ち去る者の義務として、現状回復及び借家返還期限など制約も多く費用は高額にならざるを得ません。
尚、特殊清掃 (事件・事故・孤独死などの除菌・消毒・消臭・脱臭作業)が必要な場合はその費用が加算されます。そんな大変な時代になってきているのです。
あなた自身が元気な今、できることをやっておかれると、後々残された親族が「立つ鳥跡を濁さず、しっかり終活をしてくれていたなぁ。」とお喜びになられること請け合いです。

〜だからこそ、今やる「生前整理」3大ヒント!〜

ヒント-1:アルバムの整理
「遺品整理」で親族が一番処分しづらいもの、それはアルバム・写真です。
夫婦の思い出の写真、子供達の成長アルバムなど膨大な量になっているのではありませんか?各行事ごと年・月・日順に、それぞれ多くても3枚くらいずつ、気に入ったものを残すようまとめて整理し残りは全て処分します。
写真やアルバムは他のものと区別して一つにまとめて処分されることをお勧めします。
もしプライバシーが気になる方は公共施設の処分場に直接持ち込むこともできます。(有料になります)

ヒント-2 :洋服ダンスの整理
「サイズが少し小さいけど、ブランド品で高かったから・・」と着ないモノを大事にタンスや壁にかけたままにしていませんか?「ダイエットすれば着られる・・」なんて、もういい歳になってきているのですから欲しい方にお譲りするか処分されることをお勧めします。いま肥えている人が痩せるなんて、何かの病気でもしない限りは痩せないのではないかと思いますよ。

また、最近よくコマーシャル等で見聞きする、洋・和服などの「高価買取りサービス」を利用すればと思われる方もありますが、トラブルに発展した・・などと聞くこともあり積極的にはおすすめ致しません。ご自身の判断でお決めいただければと思います。

ヒント-3 :意外とかさばり重い本・CD
なんといっても、大抵のご家庭にある30〜50巻近い百科事典!本の買い取り店でも引き取ってもらえないのが現状です。少しずつ粗大ゴミなどの時に処分するほかないと思います。また何年も本棚に入ったまま読み返したことがない本の数々も処分される方が良いでしょう。他に、CDやビデオテープ、ミュージックテープなども同じです。実際、あなた自身ができにくいことは遺された親族は、なおさら片付けが進みませんから・・。

〜まとめ〜

家財道具が放置されたままの空き家をよく見かけることがあります。
そうならないために、すべてあなた自身が元気な今できる作業なのです。   

『緊急時・安心カード』&『不在時連絡先』

これで安心! 一人暮らしの方、離れて暮らす親の“万が一” !

「もしも・・・」に備えて『緊急時・安心カード』『不在時連絡先』カードを作りましょう!

「緊急時・安心カード」は勝手口や玄関の内側、冷蔵庫など家の中の見やすいところに貼付しておきましょう。

「不在時連絡先((  )には名字を記載)」は勝手口など家の外に貼付しておきましょう。

『緊急時・安心カード』(A4)『不在時連絡先』(A5)は《資料ダウンロード》から、ご使用いただけます。

― ご希望の方には作成してお届けいたします。―

作成をご希望される方は《お問い合わせ》から記載内容及び送付先をお知らせ下さい。

ラミネートをしてお届け致します。<無料>

※お送りいただきました個人情報は、本カード作成・送付目的以外に使用するものではないことを申し添えます。

第9回~遺品整理および一括廃棄処分~

「遺品整理」に入った時のこと。

半間ほどの玄関扉を開けると半間ほどの土間があり、右手に流し台があり左手に風呂場とトイレ。土間をあがると、4,5畳大の台所兼食堂といった感じ。
そのまま進み長手方向の6畳和室(押入れ)と、次に横手方向の6畳和室約10坪足らずのアパート。

玄関口からしてそうだったが、クリーニング屋さんのハンガーにかかったままのジャンバーやスーツが各所に引っ掛けられている状況。

独り住まいの高齢男性が亡くなった後片付けの依頼。「遺品整理」として契約。

借家契約のため「賃貸借契約書」「預貯金通帳」「保険証書」類など分別しながら衣服類の片づけ分類、スーツなどポケット内も含めすべて手を入れて何もないことなど確認しまとめていく。おびただしいコンテナボックスが積み上がっていきました。

「預貯金通帳」「保険証書」等は先に探していました。との事。

布団毛布類、整理ダンス三竿、ホームコタツ×2、ファンヒーター×2、電気ヒーター×1、クーラー×1、洗濯機×2、軽四自動車×1 などなど所有各種免許証、「賃貸借契約書」なども探し出し依頼主に手渡す。

風呂、トイレ、台所流し周りが特別厄介でもある場所になります。
使い差しの洗剤、各種食器什器、しょうゆ・ソース、調味料等ぬめりをとる、カビを落す。臭いシミ取り等水回りは大変です。

食卓テーブルの上、薬袋の山、やま、ヤマ、あまり飲まないまま放置?心臓病、糖尿病等の治療薬。

一人暮らしでもこれだけの物、ものに囲まれています。
約1日半にて施工終了。

作業員2名、3.5tトラック×1 (運転手1名)一般廃棄物収集運搬業者

人は、いつどうなるか誰にも分かりません。
遺品整理の現場を見て言えることは、日ごろから周りの人とコミュニケーションをとっておくことが大切です。
特に「おひとり様」は元気なうちに「万が一に備えた対策」を立てておくことが必要です。

第8回〜クレジットカード等による問題〜

つい最近のこと。

預金通帳を確認すべくネットにて銀行口座を確認しました。

V表記から始まるのアルファベットと数字の羅列う〜ん?何とか銀行に電話すると調査させていただきますと!

約1週間くらいしてから連絡が入りました。

すると、『クレジットマスター』と言う手口の不正利用によるものと判明しました。

私の場合、他人に使われた意識またカード事態紛失した覚えもありません。

『クレジットマスター』と言う手口はパソコン(今後PCと表記)上にてランダムに検索してカードを使用するもの。

クレジットカードは16桁の数字で形成されていて一見、簡単に悪用されるようなことがないように思われています。

しかし、意外と脆い点があるそうですカードには?

クレジットカードには、最初の6桁でVISA,JCB,MASTERなどカード会社が識別できるようです。

後の10桁分、適当に番号をいじっていると「不正なカード番号」であると表示されるそうですが、正常なカード番号になるまでいじっていると自分でカード番号が作れるそうです。

クレジットカードの有効期限やセキュリティーコードまで割り出せませんが、最長でも5年(12年×5年)ほど従って60パターンほど。そしてセキュリティーコードは3桁または4桁なので最大1000パターンです。私など、気長くなりますが(素人は?)割り出すことが出来るそうです。

そして、手に入れたクレジットカードを利用し、PayPayやデビットカード及びクレジットカードにて不正利用すると言うとです。

私の場合、不正利用された金額は約2万円強でしたが、無事銀行より救済措置がなされホッとしています。

「クレジットカード」による不正利用の犯罪は犯人特定は困難なんだそうです。

被害届や救済もいろいろ問題点があるようなのでカード所有者が日頃から注意を怠らないようにしなければなりませんね。

最近あった自身の体験から報告させて頂きました。

改めて、不要なカードなどは作る必要はありません。ご注意方。

※「クレジットマスター」の記事について 2019年5月18日公開ポイ探ニュース:参照

第7回目〜『個人差って」?〜

私は、少し血圧が高いようなんです。

医院に行くと受付のところに血圧測定器があり、受付時に患者さんが測定するようになっています。

そして、プリントアウトされた測定値を受付に渡す。

といった流れで、診察時 医師がその時の血圧を確認し患者の現状の一つとして診察にかかります。

「医師」う〜ん!血圧少し高いですね。・・・( 血圧値 148/93 )

「私」そうなんです。医院で測るとどうしても車運転してきたり、病院独特の緊張感から?

「医師」少しそういう影響もあるかも?で、家で測るとどう?

「私」はい、家ではそんなことないんです。( 血圧値 135/86 ) 130台の80台位ですが!

「医師」でも、少し高いですね・・・年齢から言うと、家で125/75くらいに・・・

「私」先生、それぞれ体格や年齢などいろんな要素があるから「個人差」があるのではないですか?

「医師」この表、これが個人差を出しているんです。

なんと!血圧の降圧薬を処方されました。

『75歳未満の成人』 or 『75歳以上の高齢者』という、少し病状を踏まえたぐらいで

個人差をだしているなんて、言えるのでしょうか?

わたくし個人として発言した「個人差」って、最初に言ったように「太っている」とか「痩せている」

また、「男」だ「女」だ、「年齢的」なものや「家庭での状況」の差など「個人差」って多岐に渡ると思うのですが・・・

で、服用された降圧薬で、家庭血圧は 128/85くらいにて安定しています。

細かくいうともう少し下がってもらわないといけないのかも?

これも、その時々で血圧変化するもので瞬間のもので全てを語れないと思います。

血圧に関しては高齢者だけのことではありませんから御用心方。

第6回目〜「貯金」より「貯筋」しかし『減量』も〜

いままで、何度か「貯金」より「貯筋」って言ってきた私。

先日わたくし、思いがけないことでこの貯筋力そして減量の必要性を思い知らされました。

先週1月25日(土)知人と二人、風情のある料理屋へお邪魔してきました。

よく飲み、楽しく?話したその帰り

和風の玄関扉を開けに散歩歩いたところ

少し坂になっているお洒落な小石を敷き詰めた歩廊。

左足かかとが着地するや否やスッテンところび尻餅をついてしまいました。

一瞬のことでありまた、友人と一緒という事もあり格好つけすぐ立ち上がりました。

しかし、左足首異様な痛みでもびっこ引くも歩けるからいいか?

なんて、その夜そして日曜日と湿布をしサポーターにて保護して

過ごしたのですが捻挫か最悪ヒビが入っているくらいに思いながら

1月27日(月)整形外科を受診したのですが、結局骨折していました。

レントゲン、エコーなど各検査そしてまたレントゲンと!

先生曰く、取り敢えず歩かないで下さい。今回は手術はしないでいきましょう。

歩くと最悪手術ってことになりますからね。ってことに相成りギブス施工しました。

その後、リハビリの技師より「松葉杖」の使用レクチャーを受け松葉杖生活を余儀なく

されているところです。この松葉杖を利用する上で結構腕や手力がいるのです。

何しろ75kgの体重を抱えなければなりません。

日頃、「貯金」より「貯筋」って言っています、確かに筋肉つけ足腰鍛えて

ドッコイショとかヨイショって言わないようにしなければなりませんし必要以上に

体重も抱え込む必要はありません。少しは動いて余分な脂肪分?減量しないといけません。

怪我の巧妙?と感じ取った昨今。

第5回目〜整理(片付け)〜

12月ですね、師走です。

2019年も今月限り、一年の計は元旦にあり?

いいえ、こと片付けに関しては年末この月が一番良い月なのです。日頃、使うか使わないか、また大事な?思い出の品だからなんて

押入れや棚に積んだか積んだかにしていませんか?年齢と共に、重いものや嵩張る物など、この時期に片付けるのが一番です。

身の回りの片付け整理をし部屋の中、押入れ、棚などスッキリして新たな年を迎えてみるのはどうでしょうか?

俗に言う、遺品整理や生前整理といった場面を思い起こしてみました。するとご遺族さまや、依頼者様からいただく言葉は大事に仕舞っておく必要もなかったものばかりだなという一言でした。

意外とアルバムや記念品・封も切らずに置いている引き出物など何も使わず仕舞い。かさ高く積まれたままであなただけの思い出の品でしかなかった。

その為に、限られたスペースを独占させておくのは勿体ないと思いませんか。広いスペースを確保し過ごしやすさを優先されてみてはどうでしょうか?

少しでも、体力のあるうちにしておかないと整理・片付けっていうのは出来なくなってしまいます。

大きいもの・重いもの・着古した服や袖を通すことのなくなった服など一度にすると相当な負担になります日頃から少しずつ片付けていくことをお勧め致します。

お一人・ご夫婦お二人で日々暮らしていく上でモノが増えていくものです。少しでも快適で過ごしやすい環境を作る為に整理・片付けをお勧め致します。

スッキリした住まいで迎える新年を!