第10回~今更ですが・・・ 終 活 と は ?~

人生に方(かた)を付ける。・・・片付けること。
の回りの『もの・こと』の整理
それが、生前整理です。
まだまだ先のこと。
他人事、私には関係ない。
じゃ誰のこと。本当にあなたに関係ないのですか?
10年先、20年先のこと!
必ず、歳を重10歳・20歳、歳を重ねます

体力・気力も衰えてきます。
考えるその時、今以上の体力・気力があるでしょうか?
だからこそ、『いま』なんです。
築き上げた財産や、老後の処し方、生きる方向性。

決めておく重要項目

1.認知症対策・・・自身で決める任意後見人(なってから全く知らない他人に委ねる法定後見人)
2.住まい方(終の棲家)・・・一生、自宅で過ごしたい?(施設にて過ごす?入所手続きはあなたがする契約)
3.葬儀・祀り方・・・宗教宗派・無宗教、一般葬(家族葬)・直葬、墓地、墓石・樹木葬、散骨
4.相続・遺言書・・・相続人の数、財産目録、自筆・公正証書遺言書、死後事務委任(お一人さん)
5.不用品の片付け・・・押入れの奥のモノ、ハンガーにかけっぱなしの服

あるべき方向性を決める。

先送りしている間に!
足元覚束なくゴミ出しが億劫になる。力がなく重いものを持つことができない。
家は足の踏み場もなくなりゴミ袋の山、ゴミ屋敷化。
・・・少しずつ、粗大ゴミにて処分。
また、自分の財産、預貯金・不動産のケジメも付けられないままに!
・・・自身で方向性をつけておく。
これらをあなたが決めておくだけで残されたご親族が助かるのです。
残されたご親族が遺品整理なんて大変な労力を必要とします。
また他人に任せると相当な費用もかかりご負担をおかけします。

投稿日: 2020年10月14日obana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です