終活支援・相談センター

生の「」焉を迎える為の「」動・・・『終活』(シュウカツ)から

』きる為の『』動・・・『 生・活 』(イキカツ)を提案!

人生の荷物を軽くする生き方!

・身の回りの整理・・・ものが多すぎて困っている。

・お金のやりくり・・・年金だけの生活

・食生活や健康・・・体調を整えたい

・人間関係・・・親子関係・近所付き合い

日常の「イライラ」や「クヨクヨ」を解消しストレスのない日々の生活を送る。

精神科医 保坂 隆氏 著書『老後の整理術』より

日々の生活を楽しく有意義なものにするために!

  目に見える化・・・押入れ、引出し、物入れにしまった片付けた物わからないことが多いです。

目に見える、目の届くところに整理し置く。特に郵便物など

手の届く距離化・・・天袋、棚、食器棚など日頃使うことが少ないものつい高いところへ

上げ下ろしなど手を焼くことも体力も減じてきています。

重量物は極力下部に、目の高さ以上には物を置かない。

生活空間の有効化・・・タンスの中で眠ったままの和・洋服、ハンガーにかけっぱなしの衣服類

着ない服など友人・知人にあげるか処分する。

押入れの中、箱に収まったままの引き出物、石鹸・タオル類など買取業者へ。

老化の防止・・・家から出ない、テレビの前が指定席、食べるか寝るだけ。

いつの間にか、足腰、膝が弱るフレイル状態。

「貯金」より「貯筋」いつまでも、自分の足で歩いてトイレへ行けるように。

その為に、「スクワット」、「かかと落とし」「誤嚥防止運動」そしてウォーキング。

人生は楽しむためにある

煩わしいこと・思い悩むようなことには関わらない生き方を!

「人生の荷物」を軽くして生きませんか?

本当に大切なことに老後のエネルギーを注ぐため

 「心・身・物」生前整理術。

 【それぞれの“終活の声”】

心の整理がついた「私の終活」!
空き家になって3年間放ったらかしの実家。
この度、やっと「遺品整理」をすることにしました。実家はその後売却するつもりです。
おかげで、長い間モヤモヤしていた“心の整理”がつきました。大量の遺品を目の当たりにしたことで、常日頃から生前整理をしておくことの大切さをつくづく実感しました。

「父の終活」に感謝!
3人兄弟の長男である私は、父の遺産相続では
兄弟間で揉めごとになると覚悟していたところ、父が「公正証書遺言」を遺してくれていたことが分かりました。遺言書には兄弟が納得いくように遺産の分け方が記載されており、そのおかげで誰からも文句が出ることなく、スムーズに相続手続が完了しました。
先を見越した遺言書を遺してくれていた父に、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。